SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となり町戦争

2008/07/13 Sun [Edit]

地域活性化のための隣町との戦争。

事業計画を立てて、予算編成をする。
地域住民の苦情に対処する。

町に道路を敷設することなんかと同列に戦争がある。

とても斬新な設定で、途中までは惹き込まれたんだけれど。。

法律の範囲内で行われる事業としての戦争。
という制度化された戦争に対する恐怖感もいまいち沸かないし。
まぁ、現実感の無さを表現したいのかもしれんけど。でもねぇ。。
人間ドラマも無いし。
最後もなんだか、変な恋愛小説っぽくなっちゃうし。。。


設定が良かっただけに、内容が残念。。



出版社 / 著者からの内容紹介 ------------------------------
天才現わる!? 見えない戦争を描いた衝撃作。
ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。
だが変わらぬ日常に、僕は戦時下の実感が持てないまま。
それでも“見えない”戦争は着実に進んでいた。
「清澄な悪夢」「傑作」と選考会騒然の衝撃作!
第17回小説すばる新人賞受賞作。。
------------------------------------------------------------


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
となり町戦争となり町戦争
(2004/12)
三崎 亜記

商品詳細を見る


◆タイトル
 となり町戦争
◆出版社
 集英社 (2004/12)
◆著者
 三崎 亜記

単行本: 196ページ

Prev
逆面接―質問するから騙される
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
フェイク

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。