SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと月に百冊読み、三百枚書く私の方法

2008/05/23 Fri [Edit]

百冊読むとあるが、速読方法の話ではない。
この本の目的は書くというところ。
300枚書くためにどのように情報を集めて、整理するかという作者の方法が書かれています。

本の効率的な読み方として「信用できる評者を見つける」というものがありましたが、これは参考になりました。

自分の場合は、読む本のジャンルや作者がかなり偏っていたんだよね。
外れを引きたくないってのあるし、そもそも新しいジャンルや作者って言っても何読めばいいのかわからないし。

まぁずっと読まず嫌いだった本が色々ありそうってことです。
最近は書評を書いているブログなんかも色々ありますし。
ネットで調べてよさげな本を図書館で借りて読んだりしています。
あんまお金のリスクはとりたくないもので^^;

もちろん好きな作家や仕事で使うような本なんかだと買ったりしますけど。


あと、試してみようかなと思ったのが「抜書き」。
これは気に入ったり気になったりした文章を手書きで写しましょうというもの。
写すことによって発見や理解が必ずあるとのことです。
でも、ちと面倒臭いかなぁ。。


情報整理ってことで、友達なんかに自分の考えていることや構想を話してみようってのがありましたが、これは激しく同意ですね。
話すことによって気づきがあったり発想が広がったりってのは、誰しも経験があることと思います。


最後に「文章上達の近道」ってことで文章のコピーってのが紹介されていました。
原稿用紙10枚~30枚が目安らしいんだけれども。。

とにかくコピーして文章の構造なんかを解析してみること。
何人かの作者でやってみると色々見えてくるそうな。

文章上手くなりたいのでちとやってみるかなぁ。
雑誌の記事なんかでもいいのよね?
面白い記事とかあったらやってみます。


ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 (PHP文庫)ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 (PHP文庫)
(2004/07)
福田 和也

商品詳細を見る


◆タイトル
 ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法
◆出版
 PHPソフトウェア・グループ
◆著者
 福田 和也

Prev
ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
極大射程

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。