SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極大射程

2008/05/23 Fri [Edit]

ようこそ男の世界へ。
ボブ格好よすぎ。渋すぎ。

帯情報
ボブはヴェトナム戦争で87人の命を奪った伝説の名スナイパー。今はライフルだけを友に隠遁生活を送る彼のもとに、ある依頼が舞い込んだ。精密加工を施した新開発の308口径弾を試射してもらいたいというのだ。弾薬への興味からボブはそれを引受け、1400ヤードという長距離狙撃を成功させた。だが、すべては謎の組織が周到に企て、ボブにある汚名を着せるための陰謀だった…。


見事に嵌められたボブだったが、ギリギリのところで窮地を切り抜け反撃にでる。

謎の組織とのかけひき。
派手な銃撃戦。
したたかなカントリーボーイ。
最後の最後まで目が離せない展開。

なんといっても、主人公のボブが格好良いのだ。
いわゆるアメリカンヒーロー像の一つなんだろうけど。
日本人から見ても格好良いですよ。

これほど痛快な小説は久しぶり。


極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)
(1998/12)
スティーヴン ハンター

商品詳細を見る
極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)
(1998/12)
スティーヴン ハンター

商品詳細を見る



他の作品も読んでみよっと。


極大射程(Point of Impact)
1993年発表。ボブ・リー・スワガー三部作の第1作。
ダーティホワイトボーイズ(Dirty White Boys)
1995年発表。シリーズの番外編的な作品。
ブラックライト(Black Light)
1996年発表。ボブ・リー・スワガー三部作の第2作。
狩りのとき(Time to Hunt)
1998年発表。ボブ・リー・スワガー三部作の完結編。
悪徳の都(Hot Springs)
2000年発表。アール・スワガー・シリーズの第1作。
最も危険な場所(Pale Horse Coming)
2001年発表。アール・スワガー・シリーズの第2作。
ハバナの男たち(Havana)
2003年発表。アール・スワガー・シリーズの第3作。
 47th Samurai
2008年日本語版刊行予定。


◆タイトル
極大射程

◆出版
新潮文庫

◆著者
スティーヴン・ハンター

Prev
ひと月に百冊読み、三百枚書く私の方法
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
ダヴィンチコード

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。