SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hostコマンド インストール [Debian]

2008/03/16 Sun [Edit]

目標:hostコマンドのインストール

coLinux0.7
Debian GNU/Linux 4.0



0.hostコマンドとは
 DNSサーバーを使ってホストやドメインに関する情報を表示します。
 ホスト名とIPアドレスの変換を行います。




1.hostコマンド インストール

# aptitude install host


2.動作確認

# host yahoo.co.jp
yahoo.co.jp A 203.216.227.176
yahoo.co.jp A 124.83.139.192

# host 203.216.227.176
Name: f1.top.vip.tnz.yahoo.co.jp
Address: 203.216.227.176


3.オプション

 マニュアルから抜粋
書式
 host [-adlrwv] [-c class] [-t querytype] host [server]

オプション
 ホスト名の前に指定できるオプションは沢山あります。これらのオプションのほとんどはド
 メインデータベースを保守しているスタッフにのみ意味のあるものです。


-a   ``all'' の意。これは ``-v -t any'' と同じです。

-c   class 非インターネットデータを検索する class 。

-d   デバッグモードとなります。ネットワークトランザクションが詳細に表示されます。

-l   完全なドメインのリストを表示します。例えば

     host -l rutgers.edu

    を実行すると、rutgers.edu ドメインのすべてのホストのリストを表示します。``-t'' オプションを使うことによって表示する情報にフィルタをかけることができます。デフォルトでは PTR と NS レコードを含んだアドレス情報が表示されます。

     host -l -v -t any rutgers.edu

   このコマンドでは rutgers.edu の完全なゾーンデータを正式なマスタファイルの形式でダウンロードします。(しかし不思議な理由により SOA レコードは2 回リストされます。)

    注: ``-l'' フラグは完全なゾーン転送を行なった後、要求した情報をフィルタリングするように実装されています。このコマンドは絶対に必要な時に限って使うべきです。
   
-r   再帰的な問い合わせを行ないません。これはネームサーバがそのサーバ自身のデータベースに所持しているデータのみを返すことを意味します。サーバは他のサーバに情報の問い合わせを行ないません。


-d   デバッグを有効にします。ネットワークトランザクションの詳細が表示されます。

-s   署名から親の鍵を追跡します (DNSSEC)。

-t  querytype
     特定の querytype の情報の検索を指定することができます。引数は named(8)の man ページにおいて定義されています。現在サポートされているタイプには以下のものが含まれます: ``a'', ``ns'', ``md'', ``mf'', ``cname'',``soa'', ``mb'', ``mg'', ``mr'', ``null'', ``wks'', ``ptr'',``hinfo'', ``minfo'', ``mx'', ``uinfo'', ``uid'', ``gid'', ``unspec''
     さらに、ワイルドカード (これは ``any'' か ``*'' として指定されます) があり、上記のすべてのタイプを指定するためにつかいます。タイプは小文字で指定しなければなりません。
    デフォルトでは最初に ``a'' が検索され、次に``mx'' が検索されます。ただし、verbose オプションが指定されていると、デフォルトでは ``a'' のみの検索を行ないます。オプション ``-t'' は hostが返す情報にフィルタをかけるのに特に有効です。それ以上の情報は下記の``-l'' オプションの説明を参照してください。


-a   ``すべて'' 。 ``-v -t any'' と同じです。

-l   完全なドメインを列挙します。例えば

     host -l rutgers.edu

   は、rutgers.edu domain 内のすべてのホストを列挙します。 ``-t'' オプションを使用して、どの情報を表示するかを、意図通りフィルタ可能です。デフォルトは、アドレス情報と PTR と NS レコードです。コマンド


     host -l -v -t any rutgers.edu

   は、rutgers.edu に対するゾーンデータの完全なダウンロードを、公式なマスタファイル書式で与えます (しかしながら、不可解な理由で、SOA レコードは2 度表示されます)。

   注: ``-l'' の実装は、完全なゾーン転送を行い、これに対して要求した情報をフィルタアウトすることで行われます。このコマンドの使用は、本当に必要な場合に限るべきです。

 
Prev
jwhoisのインストール [Linux]
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
Berkeley DB(4.6.21)をソースからインストール [Linux]

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。