SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット上で個人間融資を仲介するサービス「Zopa」

2008/03/08 Sat [Edit]

ネット上で個人間融資を仲介するサービス「Zopa」が3月7日、日本法人を設立したそうですね。

ソーシャル融資サービス「Zopa」が日本上陸 - @IT

Zopaのblog
借り手が、希望金額や利用目的、返済期限のほか、月収や雇用状況を自己申告。希望する金利も登録します。
貸し手は、借り手の案件一覧から融資する相手を選び、金額、金利などを設定します。
これに借り手が合意すれば融資が成立するという仕組みですね。


以下、Zopeによる発表
・約定する金利の平均は8.1%程度
・借り手の本人確認や銀行口座の確認情報を提供しており、債務不履行に陥るのは全体の0.1%以下
・2005年3月からこれまでに無担保個人間融資を行った額は、2000万ポンド(約41億円)
・1件当たりの平均的な融資金額は5000ポンド(約10万円)


自分が貸し手として考えた場合、金利8.1%で資金が運用できると考えるとおいしいかもしれませんね。
デフォルト率も0.1%以下なので、1000回に1回、回収できないかもしれない程度。
一回あたりの融資が10万円程度であればリスクは小さいと言えます。
株だのFXだのに比べてもローリスクハイリターンだと思ってしまうのは気のせい?

借り手としても金利8%、貸し手がいればもっと低い利率で融資を受けられるのは魅力かもしれません。

あとは、日本でどれほど利用者が獲得できるかですね。
消費者金融、カード、その他各種ローンの隙間を埋める形で上手くはまれば、それなりの規模になるのではないでしょうか。


それにしても、Zopaは良いアイデアだなぁ。
Prev
PHP5をソースからインストール [Debian][PHP]
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
Apacheでファイル一覧を表示させない方法 [Apache]

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。