SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読書]なぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?

2013/08/12 Mon [Edit]

フォロワーシップの本。
フォロワーシップとは「チームの成功のために、メンバーがリーダーや同僚を全力で支える影響力」


チームに必要なのはNo.2。
「人々はついていく時にリーダーではなくフォロワーを見る」



リーダーシップを問うビジネス本が多い中で、部下との関係、
部下たる者の心構えにスポットをあてたこの本の内容は、
とても新鮮で参考となるところが多い。
■リーダーの足を引っ張る部下の3タイプ

リーダーの足を引っ張る部下には、主に3タイプあります。

①アンチ・リーダー
 表や裏であからさまにリーダーを非難する。
 本人は悪を倒す正義の味方気取り。
 
②傍観者
 自分の仕事に線引きをし、リーダーが忙しくても手を貸さず、同僚にも協力をしない。

③風見鶏
 一貫性のない八方美人。チームの和を崩す。


これらの背景には部下たちの
「リーダーは完璧でなくてはならない」
「強者はいくらで攻撃してもよい。なぜならば自分たちは弱者だからだ」
といった思いがあるからです。

しかし、本当にそうなのでしょうか。


リーダーは本当に強者なのか?
リーダーは本当に完璧でなくてはならないのか?
リームを良くするのはリーダーだけの仕事なのか?

答えは言うまでもなく、全てNoですよね。

それでは、逆に理想の部下とは何なのでしょうか?




■プロフェッショナル・フォロワー
フォロワーシップとは、「チームの成功のために、メンバーがリーダーや同僚を全力で支える影響力」

フォロワーシップとは、
自らの意志で、リーダーの方針に深く賛同し、
自ら積極的に率先して発言・行動し、
リーダーや同僚の弱みを陰でこっそりと補い、
リーダーの仕事を自ら引き受け、
リーダーを楽にする存在
を指します。

○プロフェッショナル・フォロワーになるための5つのステップ
Step1 自我を捨てチームの成功に貢献することを決意する
Step2 完璧な人はいないと認め、現在のリーダーを最適な人選と受け止める
Step3 リーダーを批判するのではなく、陰でこっそりと補う
Step4 リーダーが強みを発揮できるようにリーダーの仕事を奪う、手伝う
Step5 リーダーのみならずチームメンバーの弱みを陰でこっそりと補う


○「人々はついていく時にリーダーではなくフォロワーを見る」


■自分や上司の力を勘違いするフォロワーたち
・「自分の影響力はゼロだ」と勘違いする
想像以上に場に悪影響を与えている

・「リーダーは強い、完璧だ」
  → 意思決定は一番マシな一つを選ぶこと
    時間、人、限りがある

■部下との信頼関係を高めるリーダー3法則
・相手を大切にする
 理解する
・自分をさす
・誠実である



■ナンバー2を作ろう
No.2に要望することを要望する
 チームに要望することをNo.2に要望し、No.2からメンバーにフォロワーシップの発揮を要望する。
 →リーダーになるための予行演習として人を動かす。ということを納得してもうらう。

■フォロワーシップを根付かせる仕組み
・バズセッション
・声をかける
・物語を聴かせる




◆タイトル
 なぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?
◆出版社
 すばる舎 (2011/4/21)
◆著者
 小倉広

単行本: 200ページ

なぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?―「フォロワーシップ」で本当に強いチームを作るなぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?―「フォロワーシップ」で本当に強いチームを作る
(2011/04/21)
小倉広

商品詳細を見る



★★★
Prev
[読書]サッカーボーイズ
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
[読書]僕の好きな人が、よく眠れますように

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。