SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読書]ハゲタカ

2012/08/05 Sun [Edit]

所謂ハゲタカファンドの話。
バブル崩壊後の不良債権処理が軸。
当時の様子が臨場感を持って読める。


旧三和銀行がモデルっぽい。
上巻はバルクセールが中心だけれど、下巻に向かっていよいよ企業買収→再生という話になりそう

下巻はライバルファンドとの駆け引きや、日光の名門ホテルの買収といった話。
そして、鷲津の秘密というか三葉銀行のプライベートバンクの秘密が明らかに。

こりゃハゲタカⅡも読まないとな。



ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、バブル崩壊後、不景気に苦しむ日本に戻り、瀕死状態の企業を次々と買収する。敵対するファンドによる妨害や、買収先の社員からの反発を受けながらも、鷲津は斬新な再生プランを披露し、業績を上げていく。企業買収、再生の真実を克明に描いた問題作。




企業再生が軌道に乗りはじめた頃、鷲津政彦は元銀行員・芝野健夫、老舗ホテルオーナーの娘・松平貴子と偶然出会う。二人と接触を重ねるたびに、鷲津の過去が明らかになっていく。そこに潜むある事件とは? そしてニューヨークから日本に戻った鷲津の真意が判明した瞬間、驚愕のクライマックスが訪れる!





ハゲタカ(上) (講談社文庫)ハゲタカ(上) (講談社文庫)
(2006/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る


ハゲタカ(下) (講談社文庫)ハゲタカ(下) (講談社文庫)
(2006/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る



◆タイトル
 ハゲタカ(上)
◆出版社
 講談社 (2006/3/15)
◆著者
 真山 仁

文庫: 512ページ


◆タイトル
 ハゲタカ(下)
◆出版社
 講談社 (2006/3/15)
◆著者
 真山 仁

文庫: 448ページ

★★★



Prev
[読書]こだまでしょうか、いいえ、誰でも。―金子みすヾ詩集選
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
もの食う人びと

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。