SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPをソースからインストールする為の準備 [Debian][PHP5]

2008/03/01 Sat [Edit]

【目標】
 PHPをソースからインストールする為の準備
  (各種ライブラリのインストール)


【環境】
 coLinux0.7
 Debian GNU/Linux 4.0 (Etch)

【インストールするライブラリ】
 ・OpenSSL (0.9.8g)
 ・zlib (1.2.3)
 ・curl(Client URL Library) (7.18.0)
  ・libSSH2 (0.18)
 ・libjpeg (6b of 27)
 ・libpng (1.2.25)
 ・libmcrypt (2.5.8)




1.OpenSSL

 OpenSSL は Secure Sockets Layer (SSL v2/v3) と Transport Layer Security (TLS v1) を実装し、
それに関連して要求される暗号化規格を実装した暗号化ツールキットです。

参考:
 OpenSSL: The Open Source toolkit for SSL/TLS
 OpenSSL日本語サイト: The Open Source toolkit for SSL/TLS


OpenSSLをインストール
$ wget http://www.openssl.org/source/openssl-0.9.8g.tar.gz
$ tar zxvf openssl-0.9.8g.tar.gz
$ cd openssl-0.9.8g
$ ./config --prefix=/usr/local
$ make
# make install


2.zlib
 zlib は zip や gzip に使われている圧縮アルゴリズムをライブラリ化したものです。

参考:
 zlib Home Site

zlibをインストール
$ wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.3.tar.gz
$ tar zxvf zlib-1.2.3.tar.gz
$ cd zlib-1.2.3
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
# make install


3.CURL(Client URL Library)

多くの異なったプロトコルで様々なサー バーと接続し、通信することが可能になります。
libcurl は現在 http, https, ftp, gopher, telnet, dict, file, ldap プロトコルをサポートします。
libcurl は HTTPS 認証、HTTP POST、HTTP PUT、FTP アップロード(これはPHPのftp拡張機能でも実行可能です)、
HTTPフォーム によるアップロード、プロキシ、クッキー、ユーザ名+パスワードによる 認証もサポートします。

参考URL:
 cURL and libcurl
 PHP: CURL - Manual

CURLをインストール
$ wget http://curl.haxx.se/download/curl-7.18.0.tar.gz
$ tar zxvf curl-7.18.0.tar.gz
$ cd curl-7.18.0
$ ./configure --prefix=/usr/local --with-ssl=/usr/local/ssl --with-libssh2
configure: error: OpenSSL libs and/or directories were not found where specified!


libcrypt.soが無いと上記のエラーが出るようなので、OpenSSLをshared でリコンパイルします。
$ cd openssl-0.9.8g
$ ./config --prefix=/usr/local shared
$ make
# make install


CURLをインストール(2回目の挑戦)
$ ./configure --prefix=/usr/local --with-ssl=/usr/local/ssl --with-libssh2
configure: error: libSSH2 libs and/or directories were not found where specified!

libSSH2がインストールされていなかったのでエラー。



◆libSSH2インストール

 SSH2プロトコルを実行するライブラリ

参考URL:
 Main Page - Libssh2

libSSH2のインストール
$ wget http://prdownloads.sourceforge.net/libssh2/libssh2-0.18.tar.gz?download
$ tar zxvf libssh2-0.18.tar.gz
$ cd libssh2-0.18
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make

gcc -g -O2 -I/usr/local/include -I/usr/local/include -o .libs/ssh2 ssh2.o -L/usr/local/lib -lcrypto -lz ../../src/.libs/libssh2.so -Wl,--rpath -Wl,/usr/local/lib
../../src/.libs/libssh2.so: undefined reference to `dlerror'
../../src/.libs/libssh2.so: undefined reference to `dlclose'
../../src/.libs/libssh2.so: undefined reference to `dlopen'
../../src/.libs/libssh2.so: undefined reference to `dlsym'
collect2: ld returned 1 exit status
make[3]: *** [ssh2] エラー 1
make[3]: ディレクトリ `/home/onion/src/libssh2-0.18/example/simple' から出ます
make[2]: *** [all] エラー 2
make[2]: ディレクトリ `/home/onion/src/libssh2-0.18/example/simple' から出ます
make[1]: *** [all-recursive] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/home/onion/src/libssh2-0.18/example' から出ます
make: *** [all-recursive] エラー 1

dlをロードできてないらしいので、エラーの出ている/home/onion/src/libssh2-0.18/example/simple/のMakefileを編集。
"-ldl"を追加します。
#LDFLAGS = -L/usr/local/lib -lcrypto -L/usr/local/lib -lz
LDFLAGS = -L/usr/local/lib -lcrypto -L/usr/local/lib -lz -ldl

もう一回makeで成功
$ make
#make install


CURLをインストール(3度目の正直)
$ cd curl-7.18.0
$ ./configure --prefix=/usr/local --with-ssl=/usr/local/ssl --with-libssh2
$ make
# make install

やっと成功!



4.libjpeg
 JPEG 形式の画像を処理するライブラリ


参考URL:
 Independent JPEG Group

libjpegのインストール
$ wget http://www.ijg.org/files/jpegsrc.v6b.tar.gz
$ tar zxvf jpegsrc.v6b.tar.gz
$ cd jpeg-6b
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
# make install



5.libpng
 PNG 形式の画像を処理するライブラリ

参考URL:
 libpng.org: top level

libpngのインストール
$ wget ftp://ftp.simplesystems.org/pub/libpng/png/src/libpng-1.2.25.tar.gz
$ tar xvzf libpng-1.2.25.tar.gz
$ cd libpng-1.2.25
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
# make install



6.libmcrypt
 CBC , OFB , CFB , ECB 暗号モードの DES , TripleDES , Blowfish , 3-WAY , SAFER-SK64 , SAFER-SK128 , TWOFISH , TEA , RC2 , GOST のような広範なブロックアルゴリズムをサポートするmcryptライブラリ

--disable-posix-threadsを付けて libmcrypt をコンパイルするようにしてください。
PHP: mcrypt - Manual

参考URL:
 lMCrypt


libmcryptのインストール
$ wget http://downloads.sourceforge.net/mcrypt/libmcrypt-2.5.8.tar.gz?modtime=1171868460&big_mirror=0
$ tar xvzf libmcrypt-2.5.8.tar.gz
$ cd libmcrypt-2.5.8
$ ./configure --prefix=/usr/local --disable-posix-threads
$ make
# make install







Prev
Apacheでファイル一覧を表示させない方法 [Apache]
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
MySQL5をソースからインストール [Debian][MySQL]

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

PHP5をソースからインストール [Debian][PHP]

【目標】  PHP5をソースからインストール 【環境】  coLinux0.7  Debian GNU/Linux 4.0 (Etch)  Apache2.0.63  GNU Make 3.81  gcc version 4.1....

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。