SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読書]深夜プラス1

2011/08/13 Sat [Edit]

1965年イギリスで発表された冒険サスペンス小説。
46年前の小説か…。
全く古さを感じさせない。
あらすじ

元英国情報部員ルイス・ケイン(別名カントン)が請け負った仕事は、オーストリアの実業家マガンハルトとその秘書ミス・ジャーマンを定刻までにリヒテンシュタインに連れていくこと。
マガンハルトはなぜかパリ警察に追われていて、さらに何者かに命まで狙われている。

そして相方はアメリカ人ガンマンのハーヴェイ・ロヴェル。
次から次へと襲ってくるトラブルを乗り越えて、なんとか目的地に行こうって話。





ハーヴェイはプロ中のプロなのだが、アル中なんだよね。
いい味出しています。

そして、セリフがいちいち渋い!
ハードボイルドだねー。
ラストシーンがまた渋すぎる!

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
(1976/04)
ギャビン・ライアル

商品詳細を見る


◆タイトル
 深夜プラス1
◆出版社
 早川書房 (1976/04)
◆著者
 ギャビン・ライアル
 
文庫: 380ページ

★★★
Prev
[読書]図書館内乱
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
[読書]心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。