SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍びの国

2011/05/15 Sun [Edit]

伊賀は人でなしの国だ。
人の命などなんとも思われないし、お金の為だけに人は動く。

無門もそんな人でなしの忍者の一人。
忍びの腕はピカイチなのだが、所詮は下人なので貧乏。
他国からかどわかしてきた武家の娘であった女房には頭が上がらない。

そんな中、小競り合いを続けていた伊勢の国から織田信雄が伊賀に攻めいってきた。
これは稼ぎどきとはりきる無門であったが…。

かなり殺伐とした内容ながら、どこかカラッとしていて意外と爽やかな読後感。


忍びの国忍びの国
(2008/05)
和田 竜

商品詳細を見る


忍びの国 (新潮文庫)忍びの国 (新潮文庫)
(2011/02/26)
和田 竜

商品詳細を見る


◆タイトル
 忍びの国
◆出版社
 新潮社 (2008/05)
◆著者
 和田 竜
 
単行本: 277ページ

★★★
Prev
歩兵の本領
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
[読書]ローマ人の物語 ローマは一日にして成らず

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。