SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「R25」のつくりかた

2010/12/02 Thu [Edit]

程良く役に立って、興味を持てる情報が集まっているR25。
その創刊時の編集長がR25の作り方を紐解いてくれます。

★R25が木曜日発刊なわけ
 仕事のときは仕事の情報しか興味がわかない
 家に帰ると自分の趣味や興味のある情報だけを取得する。
 政治や経済の変化といった仕事とプライベートの中間にあるような公共性の高い情報を取得する事案がほとんどない。
 ↓
 読んでもらう場所 → 帰りの電車の中(帰りではなくてもいいと思うけど。朝読む人も多いよね?)
 ↓
 一つの記事は都心のひと駅の感覚である2分程度で読める分量ということで800文字程度。
 ↓
 ONとOFFの中間に読むということで木曜日。金曜日だと完全にOFFモードだし。前半は仕事ONモード。

雑誌の発売曜日には、それなりに意味があったりするのですね。
ビジネス誌は月曜日が多いし。


★R25のコンセプト
 新聞より親近感、インターネットより信頼感

「M1世代のビジネスマンは情報に敏感で、多忙な中、時間を有効に活用したがっている。
その内面は、自分の価値に一番関心があり、自意識過剰でカッコつけ。そこそこイケてると思っているが、
確信はない。顔には出さない不安感もある。だから実は助言が欲しい」

M1層は本を読まないわけではなかった。上手に背中を後押ししてあげれば、彼らも本を買ってくれる。

上目線にならないように気を使っている。


★M1のケモノ道
 M1層は寄り道しない。

■メモ
 マキシマイザー
 → 何かをたくさん比較検討する人で、いい商品を買っている確率は高いのだが満足度は低い
 選択肢が豊富に提示される中において、マキシマイザーであることは、当人にとって心理的負担が大きくなってしまうそうな。

 サティスファイザー
 → 少ない選択肢の中からパッと買ってしまうのだが満足度は高い


効用を最大化しようとするタイプのヒト・・・マキシマイザー
均衡点を追求せず近いところで妥協するヒト・・・サティスファイザー



M1世代とは
 男性の20~34歳

「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)
(2009/02)
藤井 大輔

商品詳細を見る


◆タイトル
 「R25」のつくりかた
◆出版社
 日本経済新聞出版社 (2009/02)
◆著者
 藤井 大輔

新書: 202ページ


★★★
Prev
いい仕事ができる人の考え方
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
33歳からの仕事のルール

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。