SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーグルを奪え

2010/03/17 Wed [Edit]

1809年の英と仏による「半島戦争」を舞台とした話。

半島戦争」というのは、1808年 - 1814年に英と仏の間で行われた戦争。

(日本ではスペイン独立戦争と呼んでいる)
当時、ヨーロッパは仏のナポレオンによって完全に支配されようとしていた。

英国陸軍第95ライフル銃連隊のシャープ中尉が主人公。


英国陸軍第95ライフル銃連隊のシャープ中尉が主人公。

新設のサウスエセックス連隊に組み込まれてしまうシャープの中隊。
無能な連隊長とその甥のギボンズ中尉。新兵。スペイン軍。
様々な要因でフランスには苦戦を強いられ、政治的にも窮地に立たされたシャープに残った道は、フランス軍の象徴である軍旗『イーグル』を奪い、文句の無い功績を打ち立てる他なかった。

軍事ものが好きな人にはおすすめ。
19世紀の戦いというのは初めて読んだのだけれど、なかなか面白い。
軍旗の大切さを再認識。


続きも読んでみたい。

イーグルを奪え―シャープ・シリーズ〈1〉 (シャープ・シリーズ (1))イーグルを奪え―シャープ・シリーズ〈1〉 (シャープ・シリーズ (1))
(2004/05)
バーナード コーンウェル

商品詳細を見る


◆タイトル
 イーグルを奪え
◆出版社
 光人社 (2004/05)
◆著者
 バーナード コーンウェル

単行本: 383ページ


★★★
Prev
借金の底なし沼で知ったお金の味
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
最悪

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。