SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

2010/03/02 Tue [Edit]

この本の最大の特徴は、ノートを3冊使うところ。
1.メモノート
2.母艦ノート
3.スケジュールノート


「スケジュールを紙で管理する」っていうのは同感。
アクセスが早いし、時間の感覚が直感的に掴めるので紙の方が好きです。
前半は3つのノートの使い方とかが説明されているんだけど、
一番役に立ったと思ったのが、5章の「自己投資の為のノート術」

その中でも特に以下の3つ。

①自己投資は「リターン」にこだわる。
これは、自己投資の目的を明確にしろということ。
そして、いつまでに、どのくらいの成果を期待するのか。
「予想」と「結果」のギャップを埋めることが大切。

②読書は「A書評」でまとめる
A書評のAとはアクションのこと。要はアクションプラン。
その本を読んで私は何を実行するのか。
学びは実行しないと身につかない。

なるほど。そりゃそうだよね。
早速A書評を実行することにしよう。
でも、これってビジネス書を読んだときのことだよね。

③セミナーノート術
「持ち帰ること」「今抱えている問題」を先に書いておく。


■アクションプラン
読後にアクションプランを立てる。


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
(2009/09/11)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
◆出版社
 ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2009/9/11)
◆著者
 美崎 栄一郎

単行本(ソフトカバー): 256ページ


★★★
Prev
プロ・ヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方 これが出世、年収、キャリアを左右する!
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。