SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書

2010/03/01 Mon [Edit]

過去の金融危機を紐解きながら、金融の仕組みがわかる本。
・サブプライム問題
・世界恐慌
・ブラックマンデー
・ミシシッピ会社事件
・南海泡沫事件
・日本のバブル
・アジア通貨危機

タイトルの通り、高校生、あるいは、これから金融の勉強を始める人向け。

・市中消化の原則
国債は政府が発行し、中央銀行が引き受ける。
その際に、必ず一度市場に流通させなければならない決まり。

・金に利息はつかない
・「ロンドン市場公認」などといったゴールドマークの印字が重要

アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書
(2009/03/26)
山岡 道男淺野 忠克

商品詳細を見る


◆タイトル
 アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書
◆出版社
 アスペクト (2009/3/26)
◆著者
 山岡 道男, 淺野 忠克

単行本: 240ページ

★★★
Prev
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
引数の渡し方

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。