SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム戦記

2010/02/20 Sat [Edit]

1964年末から65年初頭にかけて、開高健がサイゴンから「週刊朝日」に毎週送稿したルポルタージュを、帰国した開高自身が大急ぎでまとめて緊急出版したもの。
つまり、ベトナム戦争初期の特に混沌としていた時期のルポである。
ベトコン、政府軍、仏教徒、山岳少数民族。
独裁、クーデター。
アメリカ、ソ連の介入。
とにかく混沌としか言いようがない。

そんな状況下のベトナム人、前線のアメリカ兵の生な様子が伝わってくる。

それにしても哀しい。
貧しいし、ベトナム人同士で殺しあっているし。
ベトコン側で戦っている人のうち、本当に共産主義の人間が何人いたのだろうか。
そのほとんどは、単なる愛国主義者であったようだ。

ベトナム戦記 (朝日文庫)ベトナム戦記 (朝日文庫)
(1990/10)
開高 健

商品詳細を見る


◆タイトル
 ベトナム戦記
◆出版社
 朝日新聞社 (1990/10)
◆著者
 開高 健

文庫: 300ページ

★★★
Prev
[C言語] 関数間での構造体の受渡し
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
findコマンド

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。