SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバーナの森

2010/01/24 Sun [Edit]

ジョン・レノンがモデルになっているみたい。

だんだん便秘がひどくなって、病院に通うようになるんだけれど
その病院の帰り道の森で死んだはずの人達と再開をして、
ずっと気にかけていたことを晴らしていく。

後半でやられたーって思うんだけど、最後はなんかお盆っていいよね。
って思った。


ちなみに「ウランバーナ」っていうのは、サンスクリット語で「苦しみ」
という意味で盂蘭盆会(うらぼんえ)の語源となった言葉。
うらぼんえ→お盆ってなったみたいですね。

盂蘭盆



「橋」というのは「端」っていう意味もあって、この世の端でもあってあの世の端でもあるとか。
「面影橋」っていう橋は、橋の上で死んだ家族や知り合いに出会うことから名づけられた。
「言問橋(ことといばし)」橋の上で何かを問いかけると先祖様の答えがどこからともなく聞こえてくる。
細語(ささやき)橋とか姿不見(すがたみずの)橋なんかも同じような語源らしい。

まぁ、本当かどうかは、わかりませんが面白いですね。


さらに余談ですけど言問橋というのは、東京大空襲で多くの人が亡くなっているんですね。

現在でも親柱は黒く焦げた痕が残っているそうです。

ウランバーナの森 (講談社文庫)ウランバーナの森 (講談社文庫)
(2000/08)
奥田 英朗

商品詳細を見る


◆タイトル
 ウランバーナの森
◆出版社
 講談社 (2000/08)
◆著者
 奥田 英朗

文庫: 315ページ

★★★
Prev
社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
日銀についてちょっと調べてみた

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。