SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉

2009/10/08 Thu [Edit]

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉の続き。

■禁じられた数字
「作られた数字」
 ランキング操作は、以下のようなアンケートの取り方でどうとでもなる。
 不都合な選択肢をそもそも含めずにアンケートをとる。
 アンケートを取る対象を絞ってしまう。
 東京の女子高生10人からだけアンケートをし、あたかも全国でのランキングです的な。

「関係のない数字」
 「当宝くじ売り場で1億円12本!!」どこで買っても確率は同じ。
 「構想10年、ついに映画化」10年間かけて作ったわけではない。

「根拠のない数字」
 「経済効果1兆円」


「机上の数字」
 平均値。
 平均的な企業、人なんてあまりいない罠。


■計画信仰
 しかし、計画信仰というのは本当ですかね。
 事業計画の売上が4億円だったら、計画を超えないようにわざわざ対策するとか。
 それこそ、株主に対する裏切りのような気も。。
 なんともアホらしい。

■「費用対効果」という言葉には注意
 この"効果"には、何でも当てはまるので必ず確認しよう。
 味覚、感動、枚数。
 
 「食洗機の導入で水道代が安くなる!」では、電気代は?という見方も必要。


で、タイトルの"なんて大間違い"の件ですが、これは「非会計的な行動」が大切ですよ。
「会計的な行動」だけでは、ダメですよ。というお話。

ある飲食店の例では「会計的な行動」によって、コストのかからベテラン社員をリストラし、
不採算店舗を閉店し40店舗を20店舗にまで減らす。
短期的には、黒字化に成功する。
しかし、材料の一括大量仕入れができなくなって、コストが膨らむ。
ベテラン社員がいなくなったことによる、パフォーマンス、サービスの低下。
結果、更に状況は悪化。みたいな。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
(2008/02/15)
山田 真哉

商品詳細を見る


◆タイトル
 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉
◆出版社
 光文社 (2008/2/15)
◆著者
 山田 真哉


新書: 242ページ

★★★
Prev
大山(丹沢)
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。