SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津白根山 その2

2009/09/28 Mon [Edit]

本日の予定

バスで殺生河原に行って、そこからロープウェイで一気に山頂駅まで。
そこからハイキング。

山頂駅 10:00

40分

白根山湯釜展望台 10:40~10:45

10分

白根レストハウス 10:55~11:05

30分

山頂駅 11:35~11:40

1時間15分

探勝歩道最高地点 12:55

ランチ休憩

探勝歩道最高地点 13:20

15分

本白根展望所 13:35~13:40

15分

鏡池 13:55~14:00

40分

山頂駅 14:40

だったのですが・・・
朝起きると天気はあいにくの雨。。

しょぼぼぼーん。

これでは予定通り歩けそうにもありません。
宿でしばし雨の様子を見ることに。

すると雨はなんとか止んでくれたようです。
しかし、この時点ですでに予定を30分オーバー。
しかも、かなりの霧が発生しています。

もはや当初の予定は捨てるほかなく。。

とりあえず山頂駅を目指します。
国際スキー場前からバスで殺生河原へ。
バスを降りると霧で5m先も見えません!

とりあえずロープウェイに乗ってみます。
基本的に霧で何も見えません。
が、霧が薄くなったところで激写!
ロープウェイからの景色
だいぶ紅葉してきているようです。
真赤な葉っぱは「ななかまど」と思われます。

で、山頂駅に到着するも、霧は深まるばかり。。。。

こりゃ無理かなぁとも思いましたが、道がしっかり整備されているようなので湯釜方面へ向かいます。

熊笹と針葉樹と霧でなかなかに雰囲気があります。

山頂駅から白根山


山頂駅から白根山2

逢ノ峯方面です。
山頂駅から白根山3

りんどうです。
りんどう

最初は霧でビビりましたが、全く迷うことなく白根レストハウスに到着
白根山2160M

ここまではバスで来ることも可能です。

で、登山案内所でこれからどうするか検討。
湯釜は霧で見れないでしょうとのことでしたが、せっかくここまで来たので霧が晴れることを期待して湯釜展望台に向かいます。
正面の展望台は有毒ガスの為、進入禁止でした。
なので西展望台へ。
これがまた、そこそこの坂道でした。

一瞬だけサーっと霧が晴れる瞬間がありましたよ。
その時に見えた景色です。
白根山湯釜展望台付近からの眺め

白根山。
白根山山頂

展望台から湯釜方面。
湯釜方面


どうも湯釜方向から霧が発生しているようです。
30分くらい粘りましたが、全く途切れません。
諦めて下山。。

とりあえずレストハウスで食事。
カツカレーを頂きました。

もはや本白根山に向かう状況ではありません。
弓池周辺を散策してロープウェイで下山に計画変更。

ということで弓池。
弓池

池にはカモもいました。
弓池鴨

弓池は湿地帯でこんな木の道が用意されています。
弓池の道

行ったことないけど、尾瀬的なイメージですかね。

霧が風で流されていくとなんとも幻想的な雰囲気になります。
弓池風景

レインウェアとザックカバーで雨対策もばっちりです。
弓池徒歩

奇跡的にレインウェアとザックカバーの色がいい感じに揃っていますね。

以下、弓池での風景たちです。

なんか変な形をした岩山
弓池奇岩


弓池切れ間

笹と空
弓池と空

奇岩アップ
弓池奇岩アップ

奇岩別角度
奇岩

弓池からの白根山
白根山遠景

弓池から今度は山頂駅へ舗装道路を歩きます。
無料シャトルバスも出ていますがそこは徒歩で。

途中でかわいらしい鳥を発見
トリ

イモリ池
イモリ池

無事山頂駅に到着。
ロープウェイで下山。
そこから徒歩で市内に戻ろうということになりましたが、そのルートで嫁とひと悶着。

私は殺生河原ルートがアドベンチャーぽくてよかったのですが、嫁は安全なしゃくなげコースを希望。
結局、しゃくなげコースに。
まぁ、天候も悪いし帰りのバスの時間もあったので安全なしゃくなげコースでよかったかもねー。
しゃくなげコース

冬にはスキーコースになるそうです。

草木が豊富でした。
植物にくわしければより楽しめそうですね。

ってことで無事下山。
国際スキー場でコーヒーとケーキを食べて一休み。
そこから湯畑まで歩いて足湯で疲れをとります。
本当は温泉に入りたかったのですが、時間がありません。。。
でも、とても癒されましたね。

車でお気軽に行けちゃうので登山客だけでなく、お気楽な格好の人も多数。
ちょっと山登りという雰囲気ではなかったです。
最高到達点の方までいけば、また雰囲気も違ったのかもしれませんが。
湯釜や弓池の方はただの観光地ですね。
でも、景色はいいです。

今回は天候に恵まれなかったのでいつかリベンジしたいですね。
でも、逆に霧の風景が見れて良かったのかもしれません。
とても幻想的だったから。

Prev
バカの壁
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
草津 白根山

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。