SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Linux(Debian)] /etc/fstab

2008/01/26 Sat [Edit]


/etc/fstab

システム起動時にマウントされるデバイスを設定するファイル



# <file system> <mount point> <type> <options> <dump> <pass>
/dev/cobd0 / reiserfs defaults 0 1
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/cobd1 none swap sw 0 0




[フィールド1]<file system>
マウントするブロックデバイスやラベル (/dev/cobd0 など)

[フィールド2]<mount point>
マウントポイント (/bootなど)

[フィールド 3]<type>
ファイルシステムの種類 (ext3, nfs など)

[フィールド 4]<options>
マウントオプション (defaultsなど)

[フィールド 5] <dump>
ファイルシステムをdumpする必要があるか否かの指定。
「0」または無記述の場合はdump不要のファイルシステムであると見なされる

[フィールド 6] <pass>
システム起動時にfsckチェックを行うか否かの指定。
「0」の場合はチェックを行わない。
ルートファイルシステムでチェックを行う場合は「1」を指定する。
ルートファイルシステム以外でチェックを行う場合は「2」を指定する。


Prev
C言語開発環境構築 [Linux(Debian)]
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
ディスクの増設 [coLinux]

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。