SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム後の新資産運用

2009/05/17 Sun [Edit]

・外貨預金と株式
・必要なのは景気を読んで外貨預金と株式の比率を調整すること。
・アメリカの経済を予測するのには「雇用統計」と「ISM製造業景況指数」
・日本の経済を予測するのには「日銀短観」
・景気拡大期は株大目(50%前後)+外貨預金+預金(10%)
・景気後退期は株を0%にしてしまいましょう。


といった内容。

景気後退期に株を買っておいて、景気拡大期に入って大儲けとはいかないんですかね。

あと、外貨預金についてですが、日本には絶対にインフレが来ないという大前提にたっています。

「インフレがこない」

「今後も長期的に円安トレンドが進む」

「外貨預金がよさげ」という理屈。


でもねぇ…。
やっぱり為替リスクは怖いと思うんですけどねぇ。。

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
(2008/07/18)
中原 圭介

商品詳細を見る


◆タイトル
 「サブプライム後の新資産運用」
◆出版社
 フォレスト出版 (2008/7/18)
◆著者
 中原 圭介

単行本(ソフトカバー): 269ページ

★★
Prev
陽気なギャングの日常と襲撃
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
フォールスルー(fall through)

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。