SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ監獄日記―無実の囚われ人の大冒険

2009/04/29 Wed [Edit]

どうやら実体験を元にした話らしいですね。。
「あとがき」読むまで作り話かと思ってました。。

アメリカで判決を待つまでの拘置所暮らしの話ですが、
かなり劣悪な環境のようですね。

人種によって収容所も分けられていたり、
「public defender(公選弁護人)」はロー・スクールを
卒業した学生が務めるもので、先輩格にあたる検事などには頭が上がらず、
全く機能していないようです。

また、ほとんどの裁判が司法取引で終わるらしいですね。

アメリカの司法制度を垣間見ることができました。

アメリカ監獄日記―無実の囚われ人の大冒険アメリカ監獄日記―無実の囚われ人の大冒険
(2006/11/25)
高平 隆久

商品詳細を見る


◆タイトル
 アメリカ監獄日記―無実の囚われ人の大冒険
◆出版社
 草思社 (2006/11/25)
◆著者
 高平 隆久

単行本: 224ページ

★★★
Prev
Firefox、Thunderbird移行メモ
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
女子大生会計士の事件簿

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。