SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

viエディタの初期設定ファイル

2009/03/22 Sun [Edit]

viエディタで毎回set nuとか面倒だなぁと思っていたら、
初期設定ファイルっていうのがあって、そこに必要なオプションを
記述しておけばOKだったんですね。

ということでメモ。


1.初期設定ファイル作成

ホームディレクトリに ".exrc" という名前のファイルを作成
vimの場合は ".vimrc" を作成。

(vimでも".exrc"があればそれが読み込まれます
 ".exrc" と".vimrc"の両方が存在した場合は
 ".vimrc"が優先されます。)

2.設定を記入して保存



エディタ起動中の場合のように「:」は必要がないので注意。


<参考リンク>
初期設定ファイルを書こう
viminfoファイルを利用して、vimエディタウィンドウ間でデータを転送する ― 名無しのvim使い
viを使い倒そう


Prev
複数のコマンド実行制御
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
「お金を稼ぐ!」勉強法

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。