SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナタウン

2009/02/07 Sat [Edit]

表紙を見て、つい読み始めた一冊だったのですが。。
うーん。
率直に言って、あまり面白いとは言えませんでした。

話の内容としては、総合商社の部長として活躍していた山崎鉄郎が、
ちょっとしたミスから出世コースから外れてしまうことに。
これまた、ひょんなことから地元宮城県のとある地方の
町長になってしまう。
そして、いわゆるハコモノ行政で多額の借金を抱えたその町を
いかに再建していくかというお話。

小説として読むとそれほど面白いとは思えませんでしたが、
今後の少子高齢化社会については、考えさせられる部分もあります。

プラチナタウンプラチナタウン
(2008/07/23)
楡 周平

商品詳細を見る


◆タイトル
 プラチナタウン
◆出版社
 祥伝社 (2008/7/23)
◆著者
 楡 周平(にれ しゅうへい)

単行本: 416ページ
★★
Prev
あなたにも5000万円貯まる信じられない「仕組み」―上地明徳の投資信託ゼミナール積立投資のすすめ
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
「投資バカ」につける薬

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。