SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー

2009/01/07 Wed [Edit]

河崎と椎名が書店を襲う場面から始まる。
のっけから"?"マーク点灯ですが、最後に見事にこの伏線が回収されます。

さて、内容ですが「2年前」の河崎、琴美、ドルジの3人の物語に
新大学生として仙台で一人暮らしを始めた椎名が「現在」の時点で
物語に加わることから始まり、物語がゴールに向かって行きます。

いやー。
この話のトリックには意表をつかれましたよ。
しかし、今まで読んだ伊坂作品の中では一番切ない物語でした。

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)
(2003/11/20)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 アヒルと鴨のコインロッカー
◆出版社
 東京創元社 (2003/11/20)
◆著者
 伊坂 幸太郎

単行本(ソフトカバー): 331ページ
★★★
Prev
コンビニのレジから見た日本人
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
投資信託選びでいちばん知りたいこと

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。