SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたらしい戦略の教科書

2008/11/18 Tue [Edit]

本文がわかりやすく、役立つ内容なのはもちろんなのですが、コラム欄も面白かったです。



印象に残った部分を抜粋。

◎戦略は中心メンバーの選出から始まる
→「危機感」と「希望を失わない態度」を兼ね備えた人材を選ぶ
⇒「危機感」を持てない、現状維持モードは先がない。し、諦めたら終わりだし。

◎スイート・スポット
「自社にできること」and「顧客が求めること」and「競合にできないこと」
→直感的に自社のスイート・スポットを考える方法
 「自分の会社がなくなった場合、困るのは誰で、それはなぜか」
 という質問に答えること。
⇒ いい質問ですね。当然、個人に当てはめて考えるのも有用ですよね。

◎「矛盾とは、ブレイクスルーの母」
⇒ ちょっと矛盾リスト作ってみますか。

◎「メガネとウサギの共通点を見つけなさい」
⇒ これは困った。。しかし、この遊びは良い訓練になりますね。

◎戦略のキャッチ・コピーを考える「ストラテジック・プリンシプル(戦略方針)」
→「市場で1位、または2位を占める。さもなければ撤退する」(GE)
→「近距離航路のお客様ニーズに、マイカー旅行と遜色ない運賃で答える」(サウスウェスト航空)
 → サウスウェストの競合はもはやマイカーである。
   これによって社内のコスト意識が極限にまで高められる
⇒ なるほど。

あたらしい戦略の教科書あたらしい戦略の教科書
(2008/07/15)
酒井 穣

商品詳細を見る


◆タイトル
 あたらしい戦略の教科書
◆出版社
 ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008/7/15)
◆著者
 酒井 穣

単行本(ソフトカバー): 240ページ
★★★★
Prev
知らない人だけが損をする投資信託の罠
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。