SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッシュライフ

2008/11/02 Sun [Edit]

ある日、リストラされ野良犬とさまようことになった
豊田のラストシーンは良かったです。
独特の口調とポリシーを持った泥棒の黒澤もいい味を出しています。

ばらばらに進む5つの話が微妙に重なり合いながら、
最後に全てが繋がる展開は面白かったです。
特に時間をずらしたトリックにやられましたね。

バラバラといえば、
「死体が一度バラバラになって、またくっついて歩き出す。」
という町の女子高生の間に広まっている噂が、
ストーリー全体になんとも言えない雰囲気を醸し出していましたね。

「BOOK」データベースより
解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪―。
バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。
ミステリを読む快感と醍醐味がここに!新潮ミステリー倶楽部賞受賞第一作。

ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)
(2002/07)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 ラッシュライフ
◆出版社
 新潮社 (2002/07)
◆著者
 勝伊坂 幸太郎

単行本: 337ページ
★★★

Prev
細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。