SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方

2008/10/25 Sat [Edit]

これから投資信託を選ぶ人向け。

冒頭で「だまされてはいけない典型的な商品パターン」
が5つ上がっています。

例)
「分配金で毎月のお小遣いをもらおう!」というのは損。(某グロソブとか?)
その5つの商品を反面教師に、よりよい商品を買いましょうという展開です。

◎分配金をもらう回数・金額が多いほど投資効率は落ちる
→ 基準価額が落ちる
→ 税金を取られる
→ 手数料が高くなる

年1回と毎月決算で基準価額は4年間で35%差が付く


◎販売手数料が高い投信は避ける
◎高い信託報酬は長期の運用成績を下げる
100万円を6%(1年複利)で信託報酬1%と2%で20年運用すると40万円(40%)の差が付く
1%未満

◎変額年金保険は投信よりさらに手数料が割高
 → 「保険関係費用」「運用関係費用」の合計で2%~3%かかるのが一般的


また、以下のような初心者には役に立つことを書いてくれています。

・アクティブファンドよりインデックスファンド
・ドルコスト平均法
・目論見書の見方
・運用実績の見方


◎リスク
投資の世界では「期待した収益率からの変動幅」のこと
リターン5%、リスク20%のとき
-15%~25%の幅を取る可能性がある

投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方
(2007/04/06)
竹川 美奈子

商品詳細を見る


◆タイトル
 投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方
◆出版社
 ダイヤモンド社 (2007/4/6)
◆著者
 竹川 美奈子

単行本: 160ページ
★★★
Prev
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
重力ピエロ

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。