SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーデュボンの祈り

2008/10/07 Tue [Edit]

150年もの間、外部との交流を持たない孤島で
言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」が殺害された。

なぜ未来を予知できるカカシが殺されたのか?

嘘つきの画家、体重300キロのウサギさん、島の規律として殺人を繰り返す男「桜」
など、超個性的な登場人物達がちょっとづつ謎を秘めていて。

最初はとっつきにくい話なのかと思いましたが、10分後にはどっぷり本の世界に引き込まれていました。

オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)
(2000/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 オーデュボンの祈り
◆出版社
 出版社: 新潮社 (2000/12)
◆著者
 伊坂 幸太郎

単行本: 346ページ
★★★
Prev
灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
1日1枚成功シート

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。