SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ・シンキング

2008/08/18 Mon [Edit]

一生懸命働いているのに成果があがらない人がいる。
一方で、人の何倍も仕事をこなし、時間的にも精神的にも余裕を持ちながら、
大きな成果を上げて、高い収入を得ている人がいます。

その原因は、すべて「考え方」にある。
この考え方とは、「労力」「時間」「知識」「人脈」
という4分野に自己投資し、パーソナルキャピタル(自己資産)を構築し、
レバレッジをかけて成果を上げる。

という内容。


自己啓発書を読んでも、成果が上がらない人がいる。
なぜか?
マインドが高まってもパーソナルキャピタル
「労力資産」「時間資産」「知識資産」「人脈資産」
を増やす努力をしないから、思うような成果が上がらない。

いくらやる気が高まっても、それだけではダメです。


◎ゴールを定め、「しないこと」を見つけよ
 ゴールを明確に描くことによって、自分にとって何が大切で、何が大切ではないかがわかる。
 余計なことをしなくなり、時間、労力、お金の無駄がなくなる。

◎アクティブに行動せよ
 例)アクティブ・リーディング
  目的意識をもち、本から得た知識を活かそうとするので成果に結びつきやすい

◎自己投資の時間を天引きに
朝の二時間は本を読む。残った時間で働くという考え方

◎タスクには時間制限を設けよ
脳の基本回転を上げるには、時間の制約が必要
やるべきこと、やらなくてもいいことの取捨選択を迫られることにもなる

◎レバレッジ・ミーティング
本を読み、共通言語を持って会議に参加するので、
ベクトルがぶれないで、質の高い話し合いができます。

◎人脈資産
まずコントリビューション(貢献)が重要。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

商品詳細を見る


◆タイトル
 レバレッジ・シンキング
◆出版社
 東洋経済新報社 (2007/6/29)
◆著者
 本田 直之

単行本(ソフトカバー): 181ページ

Prev
ソフトウェア開発技術者試 その2 (あと65日)
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ
Next
求心力―人を動かす10の鉄則

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。