SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もの食う人びと

2012/07/23 Mon [Edit]

チェルノブイリ、紛争中のユーゴ、ソマリア、エイズ問題に苦しむウガンダ、ネオナチとトルコ移民を抱えるドイツ。などなど。深刻で過酷な状況に身を投じ、「食う」という人間の絶対必要圏に潜り込んだルポ。 迫力あります。



人は今、何をどう食べ、どれほど食えないのか。人々の苛烈な「食」への交わりを訴えた連載時から大反響を呼んだ劇的なルポルタージュ。文庫化に際し、新たに書き下ろし独白とカラー写真を収録。




あとがきより


高邁に世界を語るのではなく、五感を頼りに「食う」という人間の絶対必要圏に潜り込んだら、
いったいどんな眺望が開けてくるのか。それをスケッチしたのが、この本なのだと思う。



もの食う人びと (角川文庫)もの食う人びと (角川文庫)
(1997/06)
辺見 庸

商品詳細を見る


◆タイトル
 もの食う人びと
◆出版社
 角川書店 (1997/06)
◆著者
 辺見 庸

文庫: 365ページ


★★★


スポンサーサイト
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。