SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読書]行きずりの街

2011/02/19 Sat [Edit]

女子高生に手を出したらダメだろーって思ったり。
主人公は別に喧嘩が強いわけでもないし、頭が滅茶苦茶切れるわけでもない。
どちらかというとダメな感じ。

でも、なんかトラブルを解決。
運だけはいい感じ。

行きずりの街 (新潮文庫)行きずりの街 (新潮文庫)
(1994/01)
志水 辰夫

商品詳細を見る




映画化されていたようですね。
なかなかの出演陣です。

行きずりの街【DVD】行きずりの街【DVD】
(2011/05/21)
仲村トオル、小西真奈美 他

商品詳細を見る



◆タイトル
 行きずりの街
◆出版社
 新潮社 (1994/01)
◆著者
 志水 辰夫

文庫: 356ページ

★★

スポンサーサイト

[読書]ゼロから始める都市型狩猟採集生活

2011/02/15 Tue [Edit]

都市型狩猟採集生活ってなんだ?
って思ったら、都市が排出するゴミから生活品を採集する暮らしってことらしい。
要は路上生活のこと。

続きを読む ≫



[読書]魂の叫び

2011/02/15 Tue [Edit]

川崎フロンターレが98年にJ1参入決定戦で敗れ、99年11月5日にJ1昇格を果たすまでの長いJ2での戦いの記録である。
主役は当時のキャプテンを務めていた中西哲生。

続きを読む ≫



[読書]野球を学問する

2011/02/13 Sun [Edit]

元巨人の桑田さんが早稲田大学大学院スポーツ科学研究科で学んだこと、思ったことを研究室の教授であった平田竹男氏との対談という形でまとめたもの。

平田氏は『サッカーという名の戦争』の著者でもあります。

サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台
(2009/03)
平田 竹男

商品詳細を見る

続きを読む ≫



[読書]サッカースカウティングレポート 超一流の分析

2011/02/12 Sat [Edit]

アトランタ五輪、フランスワールドカップにて、世界の強豪チームを徹底分析した、日本代表スカウティングの第一人者が、その理論のすべてを明かす。本書を読めば、サッカーの“本質”が見えてくる。



という謳い文句の通り。
サッカーの見方がワンランク上がる。

続きを読む ≫



[読書]エウスカディ

2011/02/11 Fri [Edit]

スペイン・バスクのテロ組織に加わった日本人(ワルテル)とその息子(アイトール)の物語が過去と現在で平行して展開する。
裏切り者は誰なんだぁああ。

続きを読む ≫



彼らの流儀

2011/02/08 Tue [Edit]

「コラムでもエッセイでも、ノンフィクションでも小説でもなく、それらすべての気配を同時に漂わせる33の物語」

有名無名の主人公たちの人生のほんの一瞬、ちょっとした場面を切り取った短編集。
その一瞬から様々な人生が輝いて見えたりするし、色々と想像させられる。


自分の人生も沢木耕太郎が切り取ったら、ドラマチックな印象になるのかなぁ。
なんないか。。とか思ったり。


彼らの流儀 (新潮文庫)彼らの流儀 (新潮文庫)
(1996/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 彼らの流儀
◆出版社
 新潮社 (1996/03)
◆著者
 沢木 耕太郎
 
文庫: 310ページ

★★★★

サッカー「見るプロ」になれる!50問50答

2011/02/01 Tue [Edit]

さすがに「プロ」は言い過ぎ。
サッカー観戦の超初心者には役に立つかもしれない。
ある程度はサッカーをかじった人なら「4‐2‐3‐1」を
読んだ方が詳しくて良いでしょう。

サッカー「見るプロ」になれる!50問50答 (王様文庫)サッカー「見るプロ」になれる!50問50答 (王様文庫)
(2010/04/28)
杉山 茂樹

商品詳細を見る



◆タイトル
 サッカー「見るプロ」になれる!50問50答
◆出版社
 三笠書房 (2010/4/28)
◆著者
 杉山 茂樹
 
文庫: 256ページ

★★
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。