SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分ごとだと人は動く

2010/09/29 Wed [Edit]

携帯電話を含めたインターネット社会の成熟化に伴って、情報はメディアからの一方通行ではなくなり、生活者は情報を発信する側にもなる。
情報が溢れかえっている中、生活者は自分の関心が無い情報をことごとくスルーしていく。
では、どのようにスルーされることを防げばいいのか?という回答がこの本の内容。

続きを読む ≫



スポンサーサイト

ゴールデンスランバー

2010/09/28 Tue [Edit]

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男(青柳雅春)が、警察から逃げまわるというあらすじ。

青柳がどうやって逃げきるのか?というだけでも十分にハラハラさせられ面白い。
それ以上に学生時代のサークル仲間(森田森吾、樋口晴子、カズ)や異常なほど痴漢が許せない父親との関係が気持ちを暖かくしてくれる。

続きを読む ≫



サッカーを100倍楽しむための審判入門

2010/09/27 Mon [Edit]

著者は日本サッカー協会の審判委員会委員長。
サッカーの試合を見る視点が確実に一つ増える本です。

Jリーグでの誤審、あるいは素晴らしいジャッジをしたシーンを解説。
審判も選手も実名で登場します!

決して難しい内容ではないので、サッカーの試合観戦の経験が浅い人にもお勧めです。

続きを読む ≫



察知力

2010/09/26 Sun [Edit]

プロサッカー選手の中村俊輔がいかにして成功を手に入れたかという話。
ビジネスマンにも通じる。


・他人に興味を持つことで、いろんな人の経験を知ることができ、自分にフィードバックできるものを発見することもある。

・「書く」ことがいかに大切なことかを教えてくれたサッカーノート
→ 書くことによって自分の気持や考えを整理できる。
→ 自分を客観視できる

・他人を妬んでいる人は伸びない。自分の足りない力を分析せずに、他人を妬んでいても意味が無いのだ。

続きを読む ≫



サッカー日本代表のすべらない話

2010/09/20 Mon [Edit]

サッカー日本代表のウラ話が満載。
岡田監督って結構キレやすいのね。

続きを読む ≫



世界一わかりやすい為替の本

2010/09/20 Mon [Edit]

為替の入門書としてピッタリな一冊。

『Part7 為替相場の動きの法則と読み方・考え方』では、相場の見方のコツを解説。
FX投資をする方にも役立ちそうです。

続きを読む ≫



なまけもののあなたがうまくいく57の法則

2010/09/20 Mon [Edit]


・始められない
・続けられない
・だらだらしてしまう

何かをやろうとしたときに上記のような壁にぶつかってしまうけど、なんとかしたいという人向けの内容です。

どちらかと言うと、あまり本田さんの本を読んだことのない方にお勧めですが、大変読みやすい内容になっていますので、復習を兼ねて一読してみるのも良いかもしれません。
改めて気付かされる点も多々ありました。

続きを読む ≫



なぜ体育会系は就職に強いのか

2010/09/16 Thu [Edit]

なぜ体育会系は就職に強いのか。

無論、体力や根性があるからではない。
縦社会に揉まれてきたからである。

求められるのは「縦社会における対人スキル」なのだ。


縦社会と聞くとネガティブな印象を持つかもしれないが、高校野球の1年生エースの例を見るまでもなく最後は実力がモノを言う組織であるというは大前提である。

部活をやらずに同級生と遊んできた学生は、このへんの対人スキルが決定的に欠落している。
年長者には「年上だからって威張るな」と反発し、後輩には「年下のくせに生意気言うな」と腹を立てる。その上「実力が正当に評価されない」と嘆く。

特に多いのは、上司のことを親や教師のように考え、「怒られないこと」だけに腐心するというパターンだ。
それまで親や教師としか「縦の関係」を結んでいなかった為、上司という縦の存在が現れたときに、親や教師に対するのと同じ対応をとってしまうのである。

上司がチームメイトであることを理解できず、ひたすら逃げたり怯えたりする。
部活で身に付けた対人スキルは社会に出てから驚くほど有用なのである。


成功の五角形で勝利をつかめ!成功の五角形で勝利をつかめ!
(2008/05/22)
三田 紀房

商品詳細を見る

大人げない大人になれ

2010/09/08 Wed [Edit]

~『はじめに』から引用(一部要約)~~~~~~~
『変化に対応するだけでなく、変化を自らが作り出すことが求められる。
これから生まれる格差は、階級や学歴は関係ない、創造性の差から生まれる格差になるだろう。
創造性とは、どれだけ平均的な発想から逸脱できるかということである。
自分の好きなものをひたすらに貫くことのできる大人げない人こそが、平均からかけ離れることができるのである。みなと同じことしかできない人はお呼びでないのだ。』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

じゃあ実際に自分の環境で大人げない行動ができるのか?難しくね?
って思う反面、大人げないことって必要だし、楽しいよなって思える。

続きを読む ≫



英語が話せないことよりも恥ずかしいこと

2010/09/07 Tue [Edit]

英語が話せないことよりも恥ずかしいこととは?

それは
『自国の歴史や文化を知らなかったときだ。』

納得っす。



大人げない大人になれ!大人げない大人になれ!
(2009/11/20)
成毛 眞

商品詳細を見る


スピン

2010/09/06 Mon [Edit]

東京近県で少年たちによる“同時多発バスジャック”が発生した。
少年たちは一斉に東京タワーを目指す。

話の筋はとても面白くて、一気読みできました。


もうちょっと少年と人質との心情とか少年同士の関係を掘り下げて描かれていたらなぁ…。
という思いも若干残りますが、普通に面白かったです。



スピンスピン
(2006/07)
山田 悠介

商品詳細を見る


◆タイトル
 スピン
◆出版社
 角川書店 (2006/07)
◆著者
 山田 悠介

単行本: 317ページ


★★★

フットボールの犬

2010/09/05 Sun [Edit]

「現地の言葉を理解できず、誰にも省みられず、いつも腹を空かせながら、地を這うような視線でフットボールの匂いがする場所を捜し求めている」からフットボールの犬。

スコットランドやポーランド、はたまたフェロー諸島やマルタなどサッカー小国を巡る旅。
なかなか表舞台に出てくることはない、このような国々でのフットボールのある日常がありありと浮かんできます。

印象深いその写真も必見。

続きを読む ≫



ドーハ組VS南ア組 時空を超えたサッカー日本代表論

2010/09/02 Thu [Edit]


『ドーハ組はヴァンフォーレ甲府に勝てるのか?』
という雑談から出たこの疑問に真剣に答える為にオフトJapanから南アの岡田Japanまでの各日本代表を分析。
サンケイスポーツ、夕刊フジとJリーグ創世記から日本代表を追い続けてきた久保武司さんの綴る「日本代表裏面史」。


一応補足しておきますと、ドーハ組vs南ア組を具体的にシミュレートするわけではありません。
日本代表を順番に振り返っていくだけです。
しかし、筆者の長年の取材を元に書かれているので読み応えはばっちりです。

続きを読む ≫



ホリエモン×ひろゆき「なんかヘンだよね…」

2010/09/01 Wed [Edit]


普通に雑談。
内容も別に過激でも斬新でもなくて、割と当たり前なことをしゃべっています。

テーマは格差社会とか政治、教育、ITなどなど。

続きを読む ≫



Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。