SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章力の基本

2010/03/19 Fri [Edit]

「忙しい上司に手短に、正確に伝えたい人」や
「変な日本語でメールを送ってくる部下を指導したい人」におすすめ。


ちょっとしたことで文章がわかりやすくなる小技集といった内容です。
悪い例文とそれを校正した文が豊富で、今すぐ使えるヒントばかり。

続きを読む ≫



スポンサーサイト

借金の底なし沼で知ったお金の味

2010/03/18 Thu [Edit]

岡山から上京し、東大を卒業してフリーターをやっていた著者。
そのバイト先で知り合ったH氏の先物取引の誘いに乗ってしまい、数千万円の借金を背負うことに。
そこから、いかに借金地獄から脱出するかという話。

続きを読む ≫



イーグルを奪え

2010/03/17 Wed [Edit]

1809年の英と仏による「半島戦争」を舞台とした話。

半島戦争」というのは、1808年 - 1814年に英と仏の間で行われた戦争。

(日本ではスペイン独立戦争と呼んでいる)
当時、ヨーロッパは仏のナポレオンによって完全に支配されようとしていた。

英国陸軍第95ライフル銃連隊のシャープ中尉が主人公。

続きを読む ≫



最悪

2010/03/09 Tue [Edit]

鉄工所の社長の川谷、女性銀行員のみどり、チンピラの和也。
全く接点の無い3人が、それぞれの日常の中で小さな不幸を積み重ねていて、
徐々に不穏な空気が濃くなっていく。

ある日、3人の人生は一気に最悪な方向に転げ落ちていく。
っていう話。

続きを読む ≫



うたう警官(笑う警官)

2010/03/08 Mon [Edit]

うたう=証言する、密告する。

北海道警察の不正を証言する予定だった警官(津久井)が、
警官殺しの容疑をかけられ命を狙われることに。

続きを読む ≫



死ぬときに後悔すること25

2010/03/07 Sun [Edit]

千人の最後を見届けてきた終末医療の専門医である著者が、
患者から見聞きした死ぬときに後悔することをまとめたもの。

続きを読む ≫



面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

2010/03/06 Sat [Edit]

誤解を受けやすいタイトルだと思う。
決して楽してうまくいく法則が書いてある訳ではないので注意。

時間が経てば経つほど「面倒くさいこと」は大きくなっていく。
だから「小さな面倒をやっておく」

とても共感できる法則がいくつもあったし、早速、実践していこうと思う。
この本は、日々の行動のチェックリストとしても有用だと思う。

続きを読む ≫



小さな幸せに気づく24の物語

2010/03/05 Fri [Edit]

今回はちょっと良い話的なものが多かったかな。
前作の方が感動する話はあった。

あと、寄せ集め感が強まっているのはなぜだろう。
エピソードと筆者の主張を強引に結びつけているのが嫌な感じ。

それでも気づきは、いくつかあったので読んで損はないと思う。

続きを読む ≫



すべての日本人に感じてほしい魂の昭和史

2010/03/04 Thu [Edit]

江戸末期から明治、大東亜戦争、現代と歴史を追いかけながら昭和の歴史を紐解く。
語り口調で書かれていて、高校生くらいを対象にしていると思われるが内容は濃い。

特に日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と世界の情勢がわかりやすく説明されている。
我々は当時の欧米列強による帝国主義、人種差別の状況をよく知る必要がある。
あの状況で日本が植民地化されなかったのは奇跡。

続きを読む ≫



プロ・ヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方 これが出世、年収、キャリアを左右する!

2010/03/03 Wed [Edit]

「仕事が出来る人」と「普通の人」との差は何なのか。
それは、「誰もが意識し努力すればできそうなこと」の実践、思考法、行動特性の積み重ねである。

三千人超のビジネスパーソンと関わってきたヘッドハンターの視点から、「仕事が出来る人」が実践するマインドセット、働き方、パフォーマンスの上げ方、キャリア構築手法、キャリア・サバイバル術などを紹介した本。
なかなか刺激を与えてくれます。
身の引き締まる思い。

続きを読む ≫



「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

2010/03/02 Tue [Edit]

この本の最大の特徴は、ノートを3冊使うところ。
1.メモノート
2.母艦ノート
3.スケジュールノート


「スケジュールを紙で管理する」っていうのは同感。
アクセスが早いし、時間の感覚が直感的に掴めるので紙の方が好きです。

続きを読む ≫



アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書

2010/03/01 Mon [Edit]

過去の金融危機を紐解きながら、金融の仕組みがわかる本。
・サブプライム問題
・世界恐慌
・ブラックマンデー
・ミシシッピ会社事件
・南海泡沫事件
・日本のバブル
・アジア通貨危機

タイトルの通り、高校生、あるいは、これから金融の勉強を始める人向け。

続きを読む ≫



Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。