SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れなくなる宇宙のはなし

2009/07/31 Fri [Edit]

文系の人にはちと難しいかも。
とは言っても、高校のときに物理をちゃんと
勉強していれば大丈夫ですかね。

内容は古代の宇宙観から現代に至るまでの
天文学の進展がわかりやすく書かれています。

眠れなくなる宇宙のはなし眠れなくなる宇宙のはなし
(2008/06/21)
佐藤勝彦

商品詳細を見る


◆タイトル
 眠れなくなる宇宙のはなし
◆出版社
 宝島社 (2008/6/21)
◆著者
佐藤勝彦
スポンサーサイト

需要と供給を英語で言うと?

2009/07/21 Tue [Edit]

需要と供給を英語で言うと?

続きを読む ≫



敵対水域

2009/07/20 Mon [Edit]

1986年10月、大西洋バミューダ沖で起きた旧ソ連の原子力潜水艦K‐219の
沈没事件に基づくノンフィクション。

第六サイロへの漏水から、海水とミサイル燃料が混ざり有毒ガスが発生。
更に火災が発生し潜水艦は危機的状況に。

有毒ガス、原子炉のメルトダウン、更には核爆発の危険性が高まる中、
乗員を救う為に闘う艦長ブリタノフ。
メルトダウンを防ごうとする水兵プレミーニン。

なんとか危機に対処しつつあったK-219だったが、
アメリカの攻撃型原潜艦長フォン・サスキルによる執拗な妨害。
ソ連内部の政治的要因によって事態は悪化の一途を辿ることに。


ノンフィクションとは思えないほど、読ませる文章・構成になっていて
途中で読むのを止められませんでした。
特に原子炉に制御棒を落としに行く水兵の姿は感動的。



◆タイトル
 敵対水域
◆出版社
 文藝春秋 (1998/01)
◆著者
ピーター ハクソーゼン (著)
R.アラン ホワイト (著)
イーゴリ クルジン (著)


単行本:382ページ

★★★★

オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった

2009/07/20 Mon [Edit]

ワクワクドキドキの冒険譚を期待すると外れます。
野口さんがどういった経緯で宇宙に行くことになったかというお話。
小学生や中学生が読むと良いのかも。もしくは、その親御さん。

掲載されていた写真は美しかったです。

◆タイトル
 オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった
◆出版社
 新潮社 (2006/3/23)
◆著者
 野口 聡一
 
単行本: 208ページ

★★

絶対帰還。

2009/07/14 Tue [Edit]

2003年2月。
地球に帰還途中のスペースシャトル・コロンビアが着陸を目前に空中分解、乗員7名全員が死亡した。
原因究明のためシャトルの運行は無期限停止。
宇宙ステーションに取り残されることになった3人の宇宙飛行士。
っていうお話。


・華やかさだけでなく、宇宙空間での生活の生々しさを感じさせる
・宇宙飛行士本人だけでなく、その妻たちから描かれている
・タイトルとは裏腹に緊迫感はそれほどでも…。
・ソユーズによる大気圏再突入は緊迫感あり。

絶対帰還。絶対帰還。
(2008/07/23)
クリス・ジョーンズ

商品詳細を見る


◆タイトル
 絶対帰還
◆出版社
 光文社 (2008/7/23)
◆著者
 クリス・ジョーンズ
 
単行本: 484ページ

★★★

銃・病原菌・鉄(上下)

2009/07/14 Tue [Edit]

一個一個の話はどこかで聞いたことのあるような内容。
でも、それらを組み合わせた考察が凄いんだと思う。

一個思ったのは文字は偉大。
ノウハウの伝承量が桁違い。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る


銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る


◆タイトル
 銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
 銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
◆出版社
 草思社 (2000/09)
◆著者
 ジャレド ダイアモンド
 
単行本: 317ページ
単行本: 332ページ

★★★

死神の精度

2009/07/06 Mon [Edit]

千葉という名前で人間界に現れる死神の話。
彼らの仕事は、対象者を7日間の観察し、
「可」か「見送り」かを判定すること。

続きを読む ≫



CEOから高校生への96通の手紙

2009/07/05 Sun [Edit]

アメリカの高校生が世界中の一流企業に
「CEOになるために必要なものは何ですか」。
という質問を投げかけ、その返信をまとめた本。

多くのCEOがちゃんと回答をしていることにまず驚きます。
しかし、一番の驚きは、高校生が世界中のCEOに手紙を書き
助言を求めるという、その行動力でしょう。

高校生向きの返信内容なのかもしれませんが、
大人が読んでも普通に役立つかと。


「人は、自分の心配事に耳を傾けてくれない人には従わない」
メンバー一人一人に敬意を払って、話を聞くこと。

CEOから高校生への96通の手紙CEOから高校生への96通の手紙
(2005/06/17)
ダグラス・バリー

商品詳細を見る


◆タイトル
 CEOから高校生への96通の手紙
◆出版社
 ディスカヴァー・トゥエンティワン (2005/6/17)
◆著者
 ダグラス・バリー

単行本: 213ページ

★★★

チルドレン

2009/07/04 Sat [Edit]

破天荒な陣内君とその周りの人達、それぞれの物語で構成される短編集。

銀行強盗のドサクサに紛れて、カウンターに置いてあったお金をちょろまかしたり、
友人を強引に自分の告白現場に付きあわせてみたり。
家裁調査員になっても、適当(に思える)なことばかり言ってたり。
と、とにかく、やる事なすことが滅茶苦茶な感じの陣内君ですが、
なぜか、その行動の結果が周りの人間を良い方向に導くんですよね。

みんな陣内君に振り回されながらも、結局ハッピーになっていく
爽やかな読後感でした。

チルドレンチルドレン
(2004/05/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 チルドレン
◆出版社
 講談社 (2004/5/21)
◆著者
 伊坂 幸太郎

単行本: 289ページ

★★★★
Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。