SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない人だけが損をする投資信託の罠

2008/11/24 Mon [Edit]

ある程度、投資信託を利用したことがある人や
金融・証券業界に興味のある人向け。

続きを読む ≫



スポンサーサイト

あたらしい戦略の教科書

2008/11/18 Tue [Edit]

本文がわかりやすく、役立つ内容なのはもちろんなのですが、コラム欄も面白かったです。

続きを読む ≫



細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座

2008/11/03 Mon [Edit]

タイトルの通り。
株や投信の「基礎の基礎」です。

ある程度、株や投信に手を出したことのある人には内容が初歩すぎるかもしれません。
逆に株や投信について本当に良く知らない人には、わかり易いかもしれません。
中学生くらいが対象になっているんですかね。

余談ですが細野 真宏さんの本は、高校時代に数学が苦手だった私を助けてくれました。

細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座
(2000/08)
不明

商品詳細を見る


◆タイトル
 細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座
◆出版社
 講談社 (2000/08)
◆著者
 細野 真宏

単行本(ソフトカバー): 226ページ
★★

ラッシュライフ

2008/11/02 Sun [Edit]

ある日、リストラされ野良犬とさまようことになった
豊田のラストシーンは良かったです。
独特の口調とポリシーを持った泥棒の黒澤もいい味を出しています。

ばらばらに進む5つの話が微妙に重なり合いながら、
最後に全てが繋がる展開は面白かったです。
特に時間をずらしたトリックにやられましたね。

バラバラといえば、
「死体が一度バラバラになって、またくっついて歩き出す。」
という町の女子高生の間に広まっている噂が、
ストーリー全体になんとも言えない雰囲気を醸し出していましたね。

「BOOK」データベースより
解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪―。
バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。
ミステリを読む快感と醍醐味がここに!新潮ミステリー倶楽部賞受賞第一作。

ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)
(2002/07)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


◆タイトル
 ラッシュライフ
◆出版社
 新潮社 (2002/07)
◆著者
 勝伊坂 幸太郎

単行本: 337ページ
★★★

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。