SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C言語開発環境構築 [Linux(Debian)]

2008/01/27 Sun [Edit]

C言語+開発関係のパッケージインストール

続きを読む ≫



スポンサーサイト

[Linux(Debian)] /etc/fstab

2008/01/26 Sat [Edit]


/etc/fstab

システム起動時にマウントされるデバイスを設定するファイル



# <file system> <mount point> <type> <options> <dump> <pass>
/dev/cobd0 / reiserfs defaults 0 1
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/cobd1 none swap sw 0 0




[フィールド1]<file system>
マウントするブロックデバイスやラベル (/dev/cobd0 など)

[フィールド2]<mount point>
マウントポイント (/bootなど)

[フィールド 3]<type>
ファイルシステムの種類 (ext3, nfs など)

[フィールド 4]<options>
マウントオプション (defaultsなど)

[フィールド 5] <dump>
ファイルシステムをdumpする必要があるか否かの指定。
「0」または無記述の場合はdump不要のファイルシステムであると見なされる

[フィールド 6] <pass>
システム起動時にfsckチェックを行うか否かの指定。
「0」の場合はチェックを行わない。
ルートファイルシステムでチェックを行う場合は「1」を指定する。
ルートファイルシステム以外でチェックを行う場合は「2」を指定する。


ディスクの増設 [coLinux]

2008/01/26 Sat [Edit]

やること
 1.10GBのイメージファイルを作成
 2.作成したimgにファイルをコピー

続きを読む ≫



[Linux(Debian)] パッケージインストール2 日本語環境

2008/01/24 Thu [Edit]

日本語環境をtaskselでどかどかっとインストール。(する予定)
task:特定の目的に必要なパッケージ群(WebServer、Desktop enviromentとか)
tasksel:task(パッケージ郡)をインストールするツール
参考:Debian リファレンス - Debian パッケージ管理

続きを読む ≫



[Linux(Debian)] ディスクFULL解決

2008/01/23 Wed [Edit]

さて、前回、ディスクが一杯になってしまったわけですが。。
何をするにも、とりあえず容量を空けなければ。
しかし、何を消してもいいのか全くわかりませんよ。。

続きを読む ≫



[Linux(Debian)] ディスク容量が一杯に・・・

2008/01/22 Tue [Edit]

日本語環境でも整えますかね。とか思って
# tasksel
実行。
みすって「デスクトップ環境」選んじゃって、どかどかDLが始まってしまいました。
まぁいいっかなんて見守ってたら途中でエラー終了。。
dpkgが-1を返したとかなんとか。。
まさかと思ったけど、やっぱりディスク容量が足らなくなっていました。

onion@colinux:~$ df -k
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/cobd0 1032088 1032052 0 100% /
tmpfs 63176 4 63172 1% /dev/shm

100%使い切ってますな。。
もう何やってもエラーでますよ・・・。

onion@colinux:/var$ man ls
gzip: stdout: No space left on device
man: command '/bin/gzip -dc /usr/share/man/ja/man1/ls.1.gz > /tmp/zmanN54yKs' failed with exit status 256


どうしたものか。。

[Linux(Debian)] パッケージインストール

2008/01/16 Wed [Edit]

apt(パッケージ管理ユーティリティ)を使って基本的なパッケージインストール&各種設定を行っていきます。
APT HOWTO
しっかし、aptってすごいですねぇ。


【パッケージインストール準備】

(1)パッケージ選択サイト設定
 /etc/apt/sources.listを編集
 editor /etc/apt/sources.list

deb http://http1.debian.or.jp/debian/ sarge main contrib non-free
deb http://http1.debian.or.jp/debian-non-US/ sarge/non-US main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ sarge/updates main contrib non-free
deb-src http://http1.debian.or.jp/debian/ sarge main contrib non-free
deb-src http://http1.debian.or.jp/debian-non-US/ sarge main contrib non-free

(2)(既にインストールされている)パッケージ情報のデータベースをアップデート
 # apt-get update

(3)インストール済みのパッケージをアップグレード
 # apt-get -u upgrade
※ -uオプションを付けるとアップグレードされる全パッケージの一覧を表示します。
もし付けなければ、何が起きているのかわからないままアップグレードすることになります。
参考:APT HOWTO - パッケージの管理

 # apt-get -u upgrade
Reading Package Lists... Done
Building Dependency Tree... Done
The following packages have been kept back
apt apt-utils base-config console-common console-tools debianutils dpkg e2fsprogs
fileutils groff-base libldap2 lilo man-db mount shellutils sysvinit tasksel telnet
textutils util-linux
0 packages upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 20 not upgraded.
「The following packages have been kept back」
20パッケージがアップグレードされていません。。
新たな依存関係が発生しているだけなら
 # apt-get install
で依存対象をダウンロードしてきてくれるのですが、20 not upgradedのままです。
ということで、新リリースへのアップグレードdist-upgrade
 # apt-get -u dist-upgrade
  参考:APT HOWTO - パッケージの管理


【タイムゾーンの設定】
# tzconfig
y→5→Tokyo
rcS編集(boot scripts)
#editor /etc/default/rcS
「UTC=yes」→「UTC=no」

【各種パッケージインストール】
 参考:coLinuxのメモ - coLinuxのインストール (その6)

◎telnetサーバ - telnet接続
 # apt-get install telnetd
 ※TeraTerm使用
  ・Teratermインストール(もちろんWindows側の話)
   SourceForge.jp: Project Info - UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2
   teraterm_utf8-4.56.exe
  ・Telnet用にユーザー作成
   ※ rootユーザーではTelnete接続できない
   # adduser onion
  ・ルートユーザのパスワード設定
   # passwd

◎sshサーバ - ssh接続
sshのクライアントにTeraTermを使う場合は「No」を選択
 # apt-get install ssh
 ※ なんか適当に入れてしまったので、後でやり直すかも


◎エディタ - さらばnano
 # apt-get install vim

◎Localeの設定
 ※SWAP領域用意していなかったらエラーでインストールできず。。
  メモリ領域を64M → 128Mに広げる。
  SWAP領域も追加:coLinux スワップ領域設定 - GreenOnionsのメモ

 # apt-get install locales localeconf util-linux-locales liblocale-gettext-perl
<Configuring locales>
「en_US ISO-8859-1」「en_US.UTF-8 UTF-8」「ja_JP.EUC-JP EUC-JP」「ja_JP.UTF-8 UTF-8」をスペースキーで選択
→TabでOK選択→Enter
→矢印キーでja_JP.EUC-JPを選択→TABでOK選択→Enter
Default system locale:
ja_JP.EUC-JP EUC-JP
・再設定したい場合
dpkg-reconfigure locales
<Configuring localeconf>
Yes → Yes → なんも選択せずにOK
再設定したい場合
dpkg-reconfigure localeconf

 ※TeraTermもEUC-JPに設定すること!

◎キーバインドの設定
 # apt-get install console-data console-tools
 既に最新版が入っていたかも
 # dpkg-reconfigure console-data
「 Select keymap from arch list」で [ ENTER ]
「qwerty」(キーボードの並び)を選択。
「Japanese」を選択。
「 Standard」を選択。
Looking for keymap to install:
jp106
Loading /etc/console/boottime.kmap.gz



あとで必要になったら入れる
◎samba - windowsとファイル共有
# apt-get install smbfs

[coLinux] スワップ領域設定

2008/01/15 Tue [Edit]

パッケジインストールしようとしてたら、何やらエラー発生。
まさかメモリ足らないって落ちじゃ・・。
というかスワップ領域作ってなかったし。。
ってことで、スワップ領域作成→パッケージインストールで上手くいきましたb


1.スワップイメージファイル作成
Dos窓から実行(cygwinのコマンド使用)
$ cd /cygdrive/c/usr/debian
$ dd if=/dev/zero of=swap.img bs=1M count=256
$ ls -l swap.img
  • rw-r--r-- 1 GreenOnions なし 268435456 Jan 14 00:17 swap.img


2.ディスクの割り当て

debian.confファイル(coLinux起動時の設定ファイル)編集
cobd1=c:\usr\debian\swap.img
を追加。
Debianを終了し、debian.batから起動しなおし。


3.スワップ領域の追加
(1)/etc/fstab 編集
以下の記述を追加
/dev/cobd1 none swap sw 0 0

(2)スワップ領域初期化
# mkswap /dev/cobd1

(3)スワップファイルを有効化
# /etc/init.d/mountall.sh start

(4)freeコマンドで確認
# free
total used free shared buffers cached
Mem: 61436 17176 44260 0 3388 8616
  • /+ buffers/cache: 5172 56264
Swap: 262136 0 262136
Swapが出来ていればOK。


【参考URL】
coLinuxのメモ - coLinuxのインストール (その3)
coLinuxのメモ - coLinuxのインストール (その6)


[coLinux] ネットワーク設定(ルータ接続?成功?)

2008/01/14 Mon [Edit]

coLinuxのデフォルトコンソールだと、コピペが出来なくて不便。
「Cooperataive Linux Console」を閉じて、「colinux-console-nt.exe」を起動。
これでコピペOK!
前回、ブリッジ接続に失敗したので、今回はルータ接続?に挑戦。
参考URL:coLinuxのメモ - coLinuxのインストール (TAP-Win32でのルータ接続)


家の環境だとこんな感じです。
co_network_002.gif



1.HostPCの設定
(1)ネットワーク設定確認
DOS窓からipconfig /all
C:\>ipconfig /all


Windows IP Configuration
Host Name . . . . . . . . . . . . : GreenOnion
Primary Dns Suffix . . . . . . . :
Node Type . . . . . . . . . . . . : Hybrid
IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No


Ethernet adapter ローカル エリア接続:
Connection-specific DNS Suffix . :
Description . . . . . . . . . . . : Intel(R) PRO/100 VE Network Connection
Physical Address. . . . . . . . . : 00-13-20-D9-FC-DC
Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : No
IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.0.3
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.0.1
DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.0.1


Ethernet adapter ローカル エリア接続 2:
Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected
Description . . . . . . . . . . . : TAP-Win32 Adapter V8 (coLinux)
Physical Address. . . . . . . . . : 00-FF-3B-CB-42-D4
(2)TAP-Win32の設定


a)TAPの名前変更
「コントロールパネル」→「ネットワーク接続」
→「ローカル エリアの接続 (デバイス名がTAP-Win32 Adapterのもの)」
→右クリック→名前の変更→「tuntap」
※コンフィグファイルで指定した名前


b)アドレス変更
IPアドレス: 192.168.10.10
サブネットマスク: 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ: (空欄)
優先DNSサーバ: (空欄)
代替DNSサーバ: (空欄)


(3)WindowsXPのルータ機能をオン
  1. 「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」
  2. 「Routing and Remote Access」をダブルクリック
  3. 「スタートアップの種類」を「自動」にして「適用」
  4. 「開始」ボタンが有効になるので押します。(4)hostsファイル編集


(4)hostsファイル編集
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
192.168.10.20 colinux


2.coLinux側の設定
rootでログイン
(1)IPアドレス変更
a)interfaces編集


editor /etc/network/interfaces
# /etc/network/interfaces -- configuration file for ifup(8), ifdown(8)
# The loopback interface
iface lo inet loopback
auto lo
# The first network card - this entry was created during the Debian installation
# (network, broadcast and gateway are optional)
iface eth0 inet static
address 192.168.10.20
network 192.168.10.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.10.255
gateway 192.168.10.10
auto eth0


b)編集内容反映(ネットワーク再起動)
# /etc/init.d/networking restart
Reconfiguring network interfaces: done.
c)確認
ifconfig
eth0とloの2つ出力があること。
eth0のinet addrが192.168.10.20であること。
# ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:FF:89:1B:BF:00
inet addr:192.168.10.20 Bcast:192.168.10.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::2ff:89ff:fe1b:bf00/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:7274 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:4047 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:9519383 (9.0 MiB) TX bytes:278298 (271.7 KiB)
Interrupt:2
lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)


(2)ゲートウェイの設定確認
defaultで始まる行のGatewayが192.168.10.10
# route -n


Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use Iface
192.168.10.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 0 0 0 eth0
0.0.0.0 192.168.10.10 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0


(3)hostsファイル作成
/etc/hosts
127.0.0.1 localhost
192.168.10.10 GreenOnion
192.168.10.20 colinux


(4)/etc/resolv.conf編集
nameserver 192.168.0.1



3.ルータの設定(ネットワーク図の192.168.0.1)
ルータはの仮想ネットワーク(192.168.10.0/24)がどこにあるのか知らないので、ルーティングテーブルに「ネットワークアドレス192.168.10.0/24のデータは、Host PC(192.168.0.3)に転送する」という情報を追加。
うちの場合は、ブラウザから http://192.168.0.1/ でルーター設定画面が出ます。
スタティックルートエントリの設定をおこないます。
設定1 有効
あて先ネットワーク番号:192.168.10.0
サブネット マスク:255.255.255.0
ゲートウェイ :192.168.0.3



4.疎通確認
(1)外からcoLinux
a)HostPC→coLinux
C:\>ping 192.168.10.20
Pinging 192.168.10.20 with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time=6ms TTL=64
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Ping statistics for 192.168.10.20:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 6ms, Average = 1ms


C:\>ping coLinux
Pinging colinux [192.168.10.20] with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=64
Ping statistics for 192.168.10.20:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms



b)他のPC(192.168.0.6のPC)→coLinux
C:\>ping 192.168.10.20
Pinging 192.168.10.20 with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=63
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time<1ms TTL=63
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time=1ms TTL=63
Reply from 192.168.10.20: bytes=32 time=2ms TTL=63
Ping statistics for 192.168.10.20:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 2ms, Average = 0ms


OK!


(2)coLinuxから外
a)coLinux→HostPC
# ping -c 4 192.168.10.10
PING 192.168.10.10 (192.168.10.10): 56 data bytes
      • 192.168.10.10 ping statistics ---
4 packets transmitted, 0 packets received, 100% packet loss


b)coLinux→他のPC(192.168.0.6のPC)
# ping -c 4 192.168.0.6
PING 192.168.0.6 (192.168.0.6): 56 data bytes
      • 192.168.0.6 ping statistics ---
4 packets transmitted, 0 packets received, 100% packet loss


c)coLinux→Internet


# ping -c 4 yahoo.co.jp
PING yahoo.co.jp (124.83.139.192): 56 data bytes
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=0 ttl=49 time=28.7 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=1 ttl=49 time=28.2 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=2 ttl=49 time=28.3 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=3 ttl=49 time=31.6 ms
      • yahoo.co.jp ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 28.2/29.2/31.6 ms


coLinux→InternetだけOK・・・。
うーん。
他のサイト見た感じだとcoLinux→HOST PCとかとつながるみたいですけど。。



◆参考
上記の設定後のipconfigです。
C:\>ipconfig /all


Windows IP Configuration
Host Name . . . . . . . . . . . . : GreenOnion
Primary Dns Suffix . . . . . . . :
Node Type . . . . . . . . . . . . : Unknown
IP Routing Enabled. . . . . . . . : Yes
WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : Yes



Ethernet adapter ローカル エリア接続:
Connection-specific DNS Suffix . :
Description . . . . . . . . . . . : Intel(R) PRO/100 VE Network Connection
Physical Address. . . . . . . . . : 00-13-20-D9-FC-DC
Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : No
IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.0.3
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.0.1
DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.0.1



Ethernet adapter tuntap:
Connection-specific DNS Suffix . :
Description . . . . . . . . . . . : TAP-Win32 Adapter V8 (coLinux)
Physical Address. . . . . . . . . : 00-FF-3B-CB-42-D4
Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : No
IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.10.10
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
Default Gateway . . . . . . . . . :



◆◆余談
色々調査するために、実はtracerouteインストールしました。



◆apt-get パッケージ取得するコマンド?


/etc/apt/sources.listの準備
editor /etc/apt/sources.list

deb http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/debian/debian sarge main contrib non-free
deb http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/debian/debian-jp sarge-jp main contrib non-free
deb http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/debian/debian-non-US sarge/non-US main contrib non-free
deb http://ftp.us.debian.org/debian/ sarge main
deb-src http://ftp.us.debian.org/debian/ sarge main
deb http://security.debian.org/ sarge/updates main contrib non-free
アップデート
# export LANG=C
# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get install



tracerouteインストール
# apt-get install traceroute
traceroute -I yahoo.co.jp
※ -Iオプションが無いとUDPで送信されて、結果が* * *になってしまう。
  ちょっとはまった。。但し、本当につながらない場合は、-Iつけても*表示。


◆参考URL
Network - coLinux - a Wikia wiki
coLinuxのメモ - coLinuxのインストール (TAP-Win32でのルータ接続)
Network - coLinux - a Wikia wiki
etherconfを使ってcolinuxのnetworkを設定



とりあえず、完成ってことで。。



[coLinux] ネットワーク設定(Bridging失敗)

2008/01/13 Sun [Edit]

さて、山場のネットワーク設定ですね。
とりあえず家のネットワーク。
co_network_001.gif

左下の192.168.0.3のPCにcoLinuxをインストールしました。
とりあえず一番簡単に設定できそうなTAPを使ったブリッジ接続をやってみることに。


↓参考にしたHP
CoLinuxインストールネットワーク設定編 - Silicon Linux Wiki
ERROR STORM
coLinuxからInternet(yahoo.co.jp)や他のPC(192.168.0.6)にはpingが通りました。
しかし、windows側から他のPC(192.168.0.6)にはpingが通るのですが、Internetにpingが通りません。。
ってことで、別の方法でやってみよう。

coLinuxインストール~セットアップ~起動 [coLinux]

2008/01/13 Sun [Edit]

◆セットアップ環境
  • OS:Windows XP Home Edition SP2
  • coLinuxのバージョン:0.7.1
  • ディストリビューション:debian 3.0r2


◆DL
Cooperative Linux
coLinux-0.7.1.exe


◆インストール
coLinux-0.7.1-20070101.exe を実行
→Next →I Agree →Next →Next →Next
Choose a location: →Debian →Asia →Install
Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2が自動downloadされる
→続行
→Finish


なぜかDebian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2がDLできていなかったので、もう一回coLinux-0.7.1-20070101.exe を実行。Asiaではなく、Randamを選択してDL成功。




◆セットアップ~起動
(1)imgファイル設置
imgファイルをc:/usr/debian以下に置く。

% mkdir c:/usr/debian
% cd c:/usr/debian
Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2コピー
解凍
% bzip2 -d Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2
リネーム
% mv Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb debian.img
※cygwinが入っているので、Dos窓からUNIXコマンド使えてます。


(2)コンフィグファイル作成
c:/Program Files/coLinux/debian.conf を作成する
kernel=vmlinux
cobd0=c:\usr\debian\debian.img
initrd=initrd.gz
mem=128
eth0=tuntap
root=/dev/cobd0
cofs0=C:\
※eth0の値は、後で使う
※各項目の意味調べたいな


(3)起動ファイル作成
 c:/Program Files/coLinux/debian.bat を作成する
colinux-daemon @debian.conf


◆起動
debian.batで起動
ユーザー名 root、 パスワードも root でログイン
終了は通常のlinuxと同じくshutdown -h now

やっぱりcoLinuxにしました。 [coLinux]

2008/01/07 Mon [Edit]

さて、昨日までcygwin(シグウィン)について調べてたけど、coLinux(コーリナックス)やることにしました^^;
元々、(Windows起動したまま)お気軽にLinux使ってみたいってのがありまして。
cygwinは正確にはLinuxでは無い。
対するcoLinuxはLinuxエミュレータでdebianやFedoraがそのまま動く!
まさに私のニーズにぴったりではありませんか。

リンク集
◆Cooperactive Linux(オフィシャル)
Cooperative Linux
◆導入に使えそうなサイト
coLinuxインストール - eto.com/d
ERROR STORM
Cooperative Linux(coLinux)のメモ
メモ置き場 (coLinux/Debian/ブックレビュー)
CoLinuxインストール導入編 - Silicon Linux Wiki
◆その他
ITmedia エンタープライズ:意外と速い! Windows上でそのまま起動できるcoLinux (1/3)

[cygwin] あとで読む

2008/01/06 Sun [Edit]


[cygwin] ck terminalでmanコマンド使うとエラー解決?

2008/01/06 Sun [Edit]

ex)man ls
/usr/bin/groff: can’t find `DESC’ file
/usr/bin/groff:fatal error: invalid device `nippon’

上記のようなエラーが色々やっていたら、いつの間にか解決。。


/usr/share/groff/1.19.1/font/以下にdevnipponが無いのが原因っぽい。
あとは環境変数も足りてなかった。
setup.exeから「Cygwin JE」のインストールが上手くいってなかったのかな?
ってことで、groff入れなおし+環境変数設定。


1.groffダウンロード
 http://cygwin-je.sourceforge.jp/cygwin_je/release/groff/からgroff-1.18.1_ja-2.tar.bz2をダウンロード


2.Cygwinのルートディレクトリで展開
 $ bzcat groff-1.18.1_ja-2.tar.bz2 | tar xvf -


3.環境変数設定
 ~/.bashrcに以下を追加。


export LANG=ja_JP.Shift_JIS
export PAGER=lv
・LANG=Cとすると英語版のマニュアルが見られる。
・PAGER(表示ツール(ページャ))の指定が無い場合、英語版の less が使用され、文字化け化け。


【うちの使用バージョン】
cygwin 1.5.24-2
groff 1.18.1
man 1.6e


【参考にしたサイト様】
Cygwin/X-Window における日本語環境の設定
Cygwin 1.xでUNIX気分の窓生活




※ckターミナルだと解決しましたが、デフォルトのターミナルだと文字化け。。
 もう疲れたのでとりあえず終了!

[cygwin] ck terminalでmanコマンド使うとエラー

2008/01/04 Fri [Edit]

ck terminalでmanコマンド使うとエラー・・・。
マニュアルの日本語化に失敗しているのか!?

ex)man ls
/usr/bin/groff: can’t find `DESC’ file
/usr/bin/groff:fatal error: invalid device `nippon’
cygwinのデフォルトのターミナルだとエラーは出ないけど、日本語化されてないし。。

っていうか、groffってなんすか!?^^;
ちょっと調べてみよう。。

Top
SE&ビジネスパーソンとしてお勉強中なブログ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSリンク

Amazon

楽天 人気商品

なかのひと

iKnow

Dictationバッジ

合わせて

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。